About

*

薬で治らない肩こり

湿布・ビタミン剤など、数多くの肩こり治療薬があります。

しかし、多くの肩こりは治りません。

何故でしょうか?

肩こりの原因は大きく分けて二つあります。

それは筋肉の疲労と筋肉の負傷です。

筋肉の疲労の場合は、湿布やビタミン剤、またマッサージなどが効果があります。

栄養と睡眠を十分に取れば通常治ってしまうものです。

問題は筋肉の負傷による肩こりです。

これはいくら薬や単純なマッサージをしても治りません。

栄養と睡眠を十分にとっても、効果はいまいちです。

こった感じがする所とは、別の所に原因がある事が多く、軽く触れただけで激痛が走ります。

これは負傷した筋肉が強張って、そこを中心に筋肉を引っ張って発生する肩こりです。

筋肉は骨から骨へつながっていますが、その間にもう一つ硬い物体が出来、緊張を増大させているのです。

サーカスのつな渡りで、つなが筋肉なら、乗っている人間が負傷して硬くなった筋肉です。

人間が乗っている時と乗っていない時では、つなの状態はどうでしょうか?

この場合の肩こりは、むち打ちや寝違えなど、筋肉を痛めた原因(もちろん気付かないうちに痛めている事もあります)があります。

そして負傷した筋肉の緊張を緩めないと治りません。

この治療に効果が高いのは、鍼通電・直接灸・灸頭鍼です。

次いでマッサージも効果がありますが、特殊な手技を必要とします。

つらい肩こりでお悩みの方は道後はり灸接骨院にご相談下さい。

[ http://dogo-hari-kyu.com/ 道後はり灸接骨院]
[ http://www.jikochiryou-ehime.com/ 道後はり灸接骨院・松山市交通事故/むち打ち専門サイト]
[ http://www.biyou-ehime.com/ 道後はり灸接骨院・美容鍼灸専門サイト]
[ http://www.kodakara-ehime.com/ 道後はり灸接骨院・不妊・逆子治療専門サイト]

2014/11/13 | 鍼灸

関連記事

秋の肌ケア

秋の肌ケア

夏に浴びた紫外線によるダメージが表面化しやすいのが秋。 秋になると湿度...

記事を読む

筋肉とはどうして硬くなるのでしょう?

筋肉とはどうして硬くなるのでしょう?

筋肉とはどうして硬くなるのでしょう?   そしてなぜ、『凝り...

記事を読む

胃弱からの不眠症

胃弱からの不眠症

不眠症は胃弱が原因で起こる場合もあります。 胃弱を克服し、質の良い睡眠...

記事を読む

疲れ目のツボ

疲れ目のツボ

今回は疲れ目のツボについてお話します。 「太陽(たいよう)穴」 いわゆ...

記事を読む

新着記事

備えあれば憂いなし

備えあれば憂いなし

暑中お見舞い申し上げます。 最近の気象は記録的な出来事が増えていますね...

記事を読む

もぐさのお話

もぐさのお話

逆子治療において当院ではお灸と鍼を使った治療をさせて頂いています。 &...

記事を読む

通勤中・仕事中の交通事故は、どちらを選んだらいいの??

通勤中・仕事中の交通事故は、どちらを選んだらいいの??

先日、90歳の女性が運転する車での痛ましい交通事故がありましたね。 交...

記事を読む

紫外線のメリット・デメリット

紫外線のメリット・デメリット

最近は随分と暖かい日が増えてきましたね。日によっては、暑く感じておられ...

記事を読む

足の火照り(ほてり)

足の火照り(ほてり)

今年の冬は例年になく寒かったですね。 それにも関わらず患者様の中に、冬...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

前の記事:

次の記事:

備えあれば憂いなし
備えあれば憂いなし

暑中お見舞い申し上げます。 最近の気象は記録的な出来事が増えていますね...

もぐさのお話
もぐさのお話

逆子治療において当院ではお灸と鍼を使った治療をさせて頂いています。 &...

通勤中・仕事中の交通事故は、どちらを選んだらいいの??
通勤中・仕事中の交通事故は、どちらを選んだらいいの??

先日、90歳の女性が運転する車での痛ましい交通事故がありましたね。 交...

紫外線のメリット・デメリット
紫外線のメリット・デメリット

最近は随分と暖かい日が増えてきましたね。日によっては、暑く感じておられ...

足の火照り(ほてり)
足の火照り(ほてり)

今年の冬は例年になく寒かったですね。 それにも関わらず患者様の中に、冬...

→もっと見る

    PAGE TOP ↑